診療時間

スタッフブログ

シーバー病(セーバー病)

シーバー病(セーバー病)

「小学生の子供が踵を痛めているが、何で痛いか分からない」

「身長の伸びが良くなってから、踵の痛みが出ている。」

「スポーツを始めたら踵が痛くなった」

などのシーバー病(セーバー病)症状でお困りの富谷市・大和町にお住まいの方はいらっしゃいますか?

このお悩みを放っておくと、

「楽しんでスポーツが出来なくなる」

「さらに痛みを引き起こす炎症が強くなり、

 歩くだけでも痛くなる」

など

悪化することがございます。そんな不安もありますが、ご安心ください。

とみやバランス整骨院で、そのお悩み解決するかもしれません。

富谷市・大和町から多くの方がご来院されている当院では、スポーツをやっている子の治療はもちろんのこと、炎症を抑える治療だけでなく、炎症が起きづらいような、お身体作り姿勢作りをすることが可能です。

そもそも、そのシーバー病(セーバー病)とはどんな症状が出るのか、ご説明させていただきます。

 

シーバー病(セーバー病)

シーバー病とは、別名踵骨骨端症とも呼ばれ、踵の骨の骨端がはがれたり、その手前の踵骨軟骨に炎症が起こる状態です。

シーバー病を発症しやすい人の特徴として

・スポーツを盛んにしている

・足のアライメント異常がある

(外反母趾、扁平足、内反足)

10歳前後の成長期の男の子

(女子の2倍かかりやすいともいわれています)

シーバー病はスポーツの中でも、ジャンプや走る種目、短距離走や野球、バスケットボールをする人に多く見られます。

シーバー病の原因としては発育期の子どもの弱い踵骨隆起部に運動などでアキレス腱が引っ張られ、踵の骨端核に過剰な負担がかかることが挙げられます。

また扁平足など足のアライメント異常があると構造的に負担がかかりやすくなるため踵に痛みを症じやすいです。

症状としては、初めは軽い痛みだけなのが多く、次第に踵をつくと痛くなる為つま先立ちになります。さらに進行すると歩くのも痛くなり、安静にしてても痛むようになります。

踵に軽い腫れや熱をもつようにもなります。

運動中は痛みはないが、激しい運動の後に踵の痛みを生じます。

つまり、大事になってくるのは、

・炎症を止めること。

・炎症が起きづらいように、足の負担を軽くする姿勢を作ることです。

当院(富谷市・大和町の方が多く来院されてます)では、ハイボルトという電気を使った施術で炎症を、鎮静させることが可能です。

このハイボルトは、様々な症状にも効果的です。

また、神経の炎症などを検査することもでき検査にも特化した機械です。若干の痛みはありますが、施術を受ける方の我慢ができる範囲で、ハイボルトの施術をさせていただきます。

そして、骨格の調整姿勢の矯正ではトムソンベッドという機械があり踵に体重の負担が乗りやすい姿勢を正しく矯正することもできます。

また、インナーマッスルと呼ばれる骨格を支える筋肉を鍛える機械もあり、富谷市・大和町から来られているたくさんの方がトレーニングをされています。

大事なのは、今の痛みを抑えることとその痛みを繰り返さないような姿勢を作ることです。

「スポーツが楽しい!」と喜んでいるお子さんが、さらに痛みなく生活できるようなサポートが僕らには出来ます。

もし、シーバー病の症状でお困りの富谷市・大和町にお住まいの方がいらっしゃればいつでもご連絡ください。

022-725-8825

お問い合わせ

  • とみやバランス整骨院
  • LINE

診療時間

住所
〒981-3622
宮城県黒川郡大和町
もみじが丘2-34-1
パルタウン大富ショッピングセンター内
アクセス
駐車場完備
  • とみやバランス整骨院
  • つるがやバランス整骨院
  • 桜ヶ丘バランス整骨院
  • 利府バランス整骨院

地域人気第1位

口コミはこちら

当院の院内ビュー

院内を360度ビューでご確認ください。矢印( > )を追うと院内を動けます。