とみやバランス整骨院ココカラブログ

骨盤矯正

2020年05月16日

 

 

 

 

 

 

 

 

「普段、歩いていて疲れやすい」

「腰痛が出やすい」

「首の後ろの痛みが抜けない」

「ズボンが左右どちらかにズレる」

「痛む場所がいつも片側」

 

このようなお悩みを抱えている富谷市大和町にお住まいのお客様はいらっしゃいませんか???

 

 

 

このお悩み放っておくと、、、、、

「痛みがずっと抜けづらくなる」

「痛みが悪化し、何をしていても痛い状態になる」

「今、傷んでいる場所以外も痛くなり、寝たきりになる」

「運動ができない体になる」

可能性があります!!

この骨盤の歪みから来ている可能性のある症状。

とみやバランス整骨院で、解決できるかもしれません!!!

 

とみやバランス整骨院(富谷市大和町から多くの方がいらっしゃってます)では、骨盤矯正の治療から、骨盤の歪みが解消されている、富谷市大和町からご来院されている方が多くいます。

 

骨盤矯正では、様々な部分にまで効果を出すことができます。

 

そもそも、骨盤とは

腸骨という、左右の骨

そして、仙骨という真ん中の骨によって

構成されています。

 

例えば、

産後のお母さん

赤ちゃんがお腹で大きくなることから、

周りの靭帯が緩み、

そして、周りの骨も外に広がり、

骨盤の横径が大きくなります。

そうなることによって、

「産前に履いていた、ズボンが履けない」

「お腹の下にお肉が付きやすくなった」などが

起こってくるのです。

 

このお悩みを解決するために!

当院では、まず、骨盤の中にある姿勢を支える筋肉『インナーマッスル』というものに

HVという電気をかけてインナーマッスルを活性化させます。

それによりインナーマッスルの

骨盤を支える力が上がり、

骨盤の歪みが出にくくなり、

骨盤の開きも小さくなります

 

骨盤の歪みの形に合わせて、

BL(ブロック)や、トムソンベッドによる骨格の調整も行えます。

こちらの調整では、

首から骨盤にどのような影響を与えているかや、足から骨盤にどのような影響を与えているかなども見ることができます。

 

実際にトムソンベッドを使用した直後に、

骨盤が締まり、ズボンが緩くなって

ズボンのベルトの穴が一つ閉まりやすくなった方もいらっしゃいます✨

 

他にも、EMSトレーニング(楽トレ)

というものもあり、これは、姿勢を支えるインナーマッスルを直接鍛えることができます。

市販のEMSトレーニングでは、

皮下1センチまで、電気が届かないものもありますが、当院のEMSトレーニングでは、皮下15センチまで届くので、深部にあるインナーマッスルまでも、届きます。

インナーマッスルは、普段から意識がしづらい筋肉です。

ヨガや、太極拳、体幹トレーニングを普段やられている方は、意識ができると思います。

しかし、

ヨガなどは低刺激で、体を整えるものなので、筋肉を肥大化させるには3年ほど時間がかかってしまいます????

 

 

当院のインナーマッスルトレーニングは

週に2回通えれば平均的には皆さん3ヶ月で鍛えられています。

インナーマッスルが、増えるだけで、

疲れにくくなり、痩せやすくなり、

姿勢をキレイに保つこともできるようになります。

 

姿勢や骨盤を直す一番ベストな通院期間は、

週に2回、3ヶ月と言われています。

週に2回の骨盤矯正

週に2回のインナーマッスルトレーニングでお体改善していきましょう!

 

富谷市大和町のみなさん、

骨盤矯正で姿勢を良く。

骨盤矯正で痩せやすく。

骨盤矯正で疲れにくく。

 

なりませんか????

 

骨盤も歪んだ形が長く続くと戻りづらくなってしまいます。

直すなら今ではないでしょうか?

もし、骨盤の歪みが気になるという富谷市大和町の方がいらっしゃればいつでも。

とみやバランス整骨院へご連絡下さい!

 

とみやバランス整骨院

????022-725-8825

 

初回お試しキャンペーン毎月15名限定で通常4000円が2980円に

お問い合わせはこちら

とみやバランス整骨院へのお問い合わせはこちら

産後骨盤矯正のメニューで、赤ちゃん連れでご来院される方は、午前中のお時間をご予約されると女性スタッフがお子様を見れるのでおススメです。

電話番号:022-725-8825

富谷市とみやバランス整骨院の受付時間:平日10:00~13:00、15:00~21:00、土日祝10:00~13:00、15:00~18:00

〒981-3622
宮城県黒川郡大和町もみじが丘2-34-1
コープ、ダイシン、ドラッグストア敷地内
※P250台有り

▲ページの一番上に戻る